バセドウ病の鍼灸治療は目黒区学芸大学駅の目黒いべ治療院




料金

初めての人はこちら


味覚障害の鍼灸
片頭痛の鍼灸
頚椎椎間板ヘルニアの鍼灸
坐骨神経痛の鍼灸
変形性股関節症の鍼灸
変形性股関節症の鍼灸
ばね指の鍼灸
ヘバーデン結節の鍼灸
糖尿病の鍼灸 慢性腎炎 腎臓病の鍼灸
前立腺肥大症の鍼灸
高血圧の鍼灸
バセドウ病の鍼灸
橋本病の鍼灸
過敏性腸症候群の鍼灸
突発性難聴の鍼灸
緑内障の鍼灸
うつ病の鍼灸
メージュ症候群の鍼灸


糖尿病の鍼灸
 | 全身マッサージ・指圧 | 高麗手指鍼 | 一般鍼灸 | 美容鍼 |


 糖尿病とは 

糖尿病は、自覚症状に乏しいため、本当の怖さが分からない人が大半です。

その為か、検診などで糖尿病と指摘されても「何ともないから、大丈夫でしょ!」と言って、好きな食べ物を好きなだけ食べてしまいます。



その結果、気付いたら、腎不全となり、心構えができない内に透析になるケースが多いのです。

今回、当院のホームページを見てくださっている方は、「いよいよ、本当に何とかしなければ。。。」と危機感を持っている事と思います。




 糖尿病の3大合併症 

糖尿病の3大合併症とは。。


■ 糖尿病性網膜症

■ 糖尿病性腎症

■ 糖尿病性神経障害



糖尿病は、血管の動脈硬化を進行させ、血管を壊していきます。

その影響を、一番、受けるのが、毛細血管です。

この、毛細血管が破壊される事により、循環障害が起こり、様々な合併症がおこるのです。

特に、腎臓は、毛細血管の塊のような臓器のため、糖尿病を放置しておくと、どんどん腎機能が低下し、最後には透析になるのです。

人工透析

また、透析の一番怖い所は、一度、透析を導入すると二度と、離脱する事はできません。

そのため、後悔しない為にも、今からしっかりと糖尿病と向き合っていきましょう。




 糖尿病の分類 

糖尿病には、1型 2型 があります。

食生活で、食べ過ぎや、運動不足からの糖尿病は、2型になります。
そして、この2型にも種類があります。


■ インスリン分泌低下型

■ インスリン抵抗型



インスリン分泌低下型は、インスリンの量が少なかったり、分泌のタイミングが遅れるために、高血糖になります。

また、インスリン抵抗型は、インスリンは分泌されているが、インスリンの反応が悪いために高血糖になるのです。

2型糖尿病は、インスリン抵抗型が多く、当院の高麗手指鍼は、インスリンの反応を高める事で、血糖値を速やかに下げる体質に変えていきます。




 糖尿病の鍼灸 

当院での糖尿病の施術は、高麗手指鍼で行います。

手指鍼のツボ     糖尿病の鍼灸


高麗手指鍼の糖尿病の施術では、手の中のインスリンの分泌を高めるツボに鍼をしていきます。

  
    



また、インスリンの反応を高めるために「脾経」の気脈を整える鍼を追加し、血糖値が下がりやすい体質に変えていきます。


糖尿病の鍼灸


その結果、食後血糖値・HbA1cの数値が安定し、合併症の抑制につなげます。



 高麗手指鍼とは? 





 施術条件 

糖尿病で一番重要なのが 食事療法です。

食事

そのため、どんなに良い薬でも、食事療法が守られていないと糖尿病を良くする事は不可能です。

糖尿病の合併症を抑えるために、食事管理をお願いしております。

ご理解の程をよろしくお願いいたします。






 施術頻度 

症状が強い場合は、最初の5回は、週2回。
その後は、週1回で経過を診ていきます。

※ 糖尿病の状態によって、変わる事があります。






 関連記事 

・ 糖尿病の動脈硬化は 6倍のスピードで進行する!






 料 金 

初診料・・・2000円
施術料・・・4500円
回数券(5回分)・・・21500円

※ 御来院の際、検査結果の持参をお願い致します。





 お客様の声 

HbA1c:10.2%の糖尿病でしたが、鍼により6.6%まで数値が改善しました!

      声       25歳 男性 埼玉県




a1cの変動




2014年4月に10.2%だったHbA1cの値が6月には9.3%。

11月には8.9%、12月には8.1%、2015年1月には、7.1%と、どんどん基準値に近づいていきました。


声 声



鍼で症状が改善されると聞いた時は、半信半疑でしたが、実際に施術をうけて、
検査データーという目で見える形で成果がでているのが、とてもうれしかったです。

以前と比べて食事の量も減ったと思うので、体質自体が変わったのだと思います。


今では、Hba1c が 6.6まで下がり、希望が持てるようになりました。

これからも、食事制限を含めて、頑張っていきます。

ありがとうございました。



 院長より

この方は、長い間、メトグルコ・グルベス・テネリアなど、多くの薬を内服しても血糖値やHbA1cが下がりませんでした。

しかし、最初の鍼により、HbA1cが下がった事により、食事療法なども積極的に取り組まれるようになりました。

通常、高齢の方では 入院レベルの糖尿病ですが、年齢が若い事・本人の前向きな姿勢により、どんどん改善していきました。

正常値まで、あと少し。 頑張っていきましょう!



お問い合わせ


院長紹介      鍼灸の適応疾患


料金
     アクセス

 

目黒区学芸大学駅 目黒いべ治療院へのアクセス


▲ TOP
Copyright(C) 目黒いべ治療院 2013 all rights reserved.