バセドウ病の鍼灸治療は目黒区学芸大学駅の目黒いべ治療院




料金

初めての人はこちら


味覚障害の鍼灸
片頭痛の鍼灸
頚椎椎間板ヘルニアの鍼灸
坐骨神経痛の鍼灸
変形性股関節症の鍼灸
変形性股関節症の鍼灸
ばね指の鍼灸
ヘバーデン結節の鍼灸
糖尿病の鍼灸
慢性腎炎 腎臓病の鍼灸
前立腺肥大症の鍼灸
高血圧の鍼灸
バセドウ病の鍼灸
橋本病の鍼灸
過敏性腸症候群の鍼灸
突発性難聴の鍼灸
緑内障の鍼灸
うつ病の鍼灸
メージュ症候群の鍼灸


メージュ症候群の鍼灸
 | 全身マッサージ・指圧 | 高麗手指鍼 | 一般鍼灸 | 美容鍼 |


 メージュ症候群とは 

目を開けたいのに開ける事が出来ない。。。という症状でお困りではないですか?

それは、メージュ症候群という疾患で、自分の意思とは無関係に瞼が こわばり、 開眼できなくなる疾患です。

最近では、目瞼痙攣があるだけでも、メージュ症候群を言われる事もあります。

主な原因は不明ですが、脳幹や大脳基底核の機能異常や 神経伝達物質の「アセチルコリン」の作用に問題があるのではないかとされています。





また、中高年に多く発症し、最初は、光が眩しい・目が開けにくいなどの症状が現れ、次第に、目を開けられなくなっていきます。

そして、瞼に力を入れて、目を開けようとするため、眉間や額に深いシワができ、 症状が進行すると、口をすぼめるような動きが起きてくるのが、メージュ症候群の特徴の1つです。

また、眩しい場所や疲労、ストレスで悪化する傾向があります。

病院では、アセチルコリンの作用を抑える内服薬や、過剰な筋緊張を和らげるボツリヌス注射などが行われています。

内服薬の効果は限定的なため、ボツリヌス注射が第一選択となります。

ボツリヌス菌の注射は、効果が出ても、効果が弱くなると、症状が再発してくるので、継続的に注射をする必要があります。




 メージュ症候群の鍼灸 

当院では、メージュ症候群に対する鍼灸を積極的に行っています。

メージュ症候群には、脳神経への作用が強い高麗手指鍼により、症状の回復を早め、目が閉じるなどの症状を抑えていきます。

  
    

また、ストレスなどが原因となっているメージュ症候群は、鍼灸の効果が強く現れます。

内服薬・ボツリヌス注射で効果を感じられない方は、ご遠慮なくご相談下さいませ。


 高麗手指鍼とは? 



 施術頻度 

症状が強い場合は、最初の5回は、週2回。
その後は、週1回の施術で経過を診ていきます。





 料 金 

初診料・・・2000円
施術料・・・4500円
回数券(5回分)・・・21500円




お問い合わせ


院長紹介      鍼灸の適応疾患


料金
     アクセス


 

目黒区学芸大学駅 目黒いべ治療院へのアクセス


 

▲ TOP
Copyright(C) 目黒いべ治療院 2013 all rights reserved.